「エリア88」「ふたり鷹」などで知られる漫画家・新谷かおるさんが休筆宣言

【スポンサーリンク】




こんな日がくることも予想はしていましたが、少し寂しいです。
新谷かおる先生のマンガは初期のものも弟がコレクションしていたので、ほぼ読んでいます。(コレクションは津波で流されてしまいましたが)ふたり鷹を読んで、あのお母さんに憧れましたね。タイトスカートでバイク、憧れましたが私は出来ませんでした(笑)作品はどれも思い出深いのだけど、特に、砂漠のバラ デザートローズは好きだった作品です。テロという不条理に立ち向かう主人公の気持ちに入り込んでましたね、当時。
奥様の佐伯かよのさんの作品の大好きですが、最近作品を見かけないですね。残念です。
連載はやめられるのかもしれませんが、単発でまだまだ作品を書いて欲しいなーと個人的には思います。

Yahooニュースより引用です。
yjimage (1).jpeg


漫画家の新谷かおるさんが66歳の誕生日となる4月26日、公式ツイッターアカウントで休筆を宣言しました。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】
新谷さんはこの日、雑誌「月刊コミックフラッパー」で2006年から連載していた漫画「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終回を脱稿。

「これで漫画家として、一旦筆を置きます。そして今日は66歳の誕生日。一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」と筆を置くことを明らかにしました。

新谷さんは1972年「りぼん秋の増刊号」に掲載された「吸血鬼はおいや?」でデビュー。

戦闘機などのメカニックと少女漫画のような繊細なタッチ、人物描写を得意とし、戦闘機を描いた「ファントム無頼」「エリア88」、バイクレースを描いた「ふたり鷹」など数々の人気作で知られていました。
【スポンサーリンク】




BuzzFeed Newsでは新谷さんが連載されている「コミックフラッパー」の担当編集者に話を聞くことができました。

担当編集者によれば、休筆については以前から話があったそうで「連載漫画を終了されるということで、創作活動自体をやめるわけではないと聞いています」。

休筆前の最後の漫画となる「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終回は5月2日に発売される「コミックフラッパー」6月号に掲載。「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終巻は7月22日に発売予定です。




【スポンサーリンク】



この記事へのコメント